柔軟剤のキツい香りを消したい…!起こりうるデメリットとは

 (47710)

コマーシャル等でも、柔軟剤は柔軟性と「香り」についてアピールされていることが多いですよね。
柔軟性よりも香りにこだわって柔軟剤を選んでいるという人もいるのではないかと思います。

しかし「香害」という言葉が生まれたほど、中には柔軟剤の強い香りに困っている人がいるのも現状です。

まずは柔軟剤を使用することで起こりうるデメリットを【4つ】お伝えします。

①タオルや衣類の種類によっては吸水性が落ちる

 (47712)

柔軟剤は、お風呂で使う「リンス」に例えられることがあります。
衣類にコーティングがされるようなイメージです。
これにより花粉やPM2.5などの付着を防ぐことができたり、繊維同士の滑りがよくなることで衣類がふわふわな仕上がりになります。

しかしそれがタオルなどに柔軟剤を使用すると、膜が張られてしまうことで吸水性が落ちてしまうことがあります。
タオル本来の使用目的を考えると、デメリットになりかねません。

②生乾き臭、洗濯槽のカビ発生の原因になる

 (47713)

これは衣類にできるコーティング効果が、衣類はもちろん洗濯槽にも残るということです。

毎回のお洗濯で柔軟剤を使えば徐々に洗濯洗剤も衣類に入り込みづらくなるため、汚れ落ちの原因となり生乾き臭が発生しやすくなることがあります。
また洗濯機も同じで、柔軟剤が付着し洗濯槽に残ることでカビ繁殖の原因となってしまうことがあります。

③肌トラブル

 (47714)

ほとんどの洗濯洗剤・柔軟剤には「界面活性剤」が含まれています。
汚れを落としたり、柔軟性を高める効果には必要なものです。

しかしこの成分が、特に敏感肌の人や赤ちゃんなどデリケートな肌質の方にはトラブルを引き起こす可能性があります。
敏感肌の人や赤ちゃんの衣類などにはやさしい成分のものを使ったり、使用自体を控えるという手段が必要です。

④香害

 (47716)

香りにより、頭痛や吐き気・アレルギーなどの症状に苦しんでいる人がいるというのも事実です。
また香りのマイクロカプセル(プラスチック)が環境破壊にもつながるといわれています。
以上のデメリットだけを見てしまうと「柔軟剤は使わないほうがいいのでは…」と思ってしまいがちです。
しかし大切なのは柔軟剤を使用するものを衣類・時と場合によって分ける、使い方を守るということです。

柔軟剤の効果も活かしつつ、お好みの香りに調整ができたらより満足のいく仕上がりになりますよね。
柔軟剤は使いたいんだけど強い香りは気になる…という人へ、次に柔軟剤の香りを消す方法をご紹介します!

柔軟剤の強い香りを消す方法4選!

実は身近にあるもので、柔軟剤の香りを消すことはできます。

4つの方法に分けてご紹介します。
ご家庭によっては今日のお洗濯にすぐ活かせるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください♪

柔軟剤の香りを消す方法① 日光

 (47717)

日干し、風干しすることで香りがとびます。
1番お手軽な方法です。

●できる限り長い時間お日さまの光にあてる
※夏の暑い日や風の強い日はさらに効果がアップします。

あまりにも長時間の日干しは衣類の色褪せの原因にもなりますので、衣類の種類や干す場所には注意してください。
6時間前後が目安です。

柔軟剤の香りを消す方法② クエン酸

 (47718)

お掃除でも使われることが増えた「クエン酸」、ご家庭にあるという人も多いかもしれません。

実はこのクエン酸で柔軟剤の香りを消すことができます。

●約5リットルの水に対して大さじ1のクエン酸粉末を溶かします。
※このとき、塩素系製品と混ぜると有毒ガスが発生しますので注意してください。
●そこで柔軟剤の香りが染みついた衣類などを揉み洗いしてから、よくすすぎ、通常の洗濯にまわしてください。

クエン酸はその名の通り「酸性」ですので、殺菌、除菌、漂白などの効果があります。
ですので、クエン酸だけでもお洗濯をすることができます。

そもそもクエン酸は、レモンなど柑橘系の果物に含まれているイメージがありますよね!
天然由来成分なので環境にもとっても優しいんです。

クエン酸でのお洗濯は、赤ちゃんや小さなお子様の衣類のお洗濯にもおすすめです♪

柔軟剤の香りを消す方法③ 酸素系漂白剤

 (47719)

有名な製品もあり、すでに使用している人も多いかもしれません。
主に過炭酸ナトリウムで作られており、衣類の色落ちの心配がないため安心です。

●製品の説明欄を目安にしながら、酸素系漂白剤とお湯、衣類をバケツ等に入れてつけ置きしてください。
●その後は通常のお洗濯にまわします。

※必ず塩素系製品と混ぜないように注意してください。

塩素系のツンとした匂いはありませんが、つけ置き中は十分に換気をしてください。

柔軟剤の香りを消す方法④ クリーニング

 (47721)

次にご紹介するのは「プロに相談する」という方法です。
洗濯物は衣類だけではありませんので、ものによってはご家庭では洗えませんよね。

●お洗濯のプロであるクリーニング屋さんで、水洗いでの仕上がりをお願いしたりなどが可能です。

クリーニングだから完全に柔軟剤の香りが落とせるかというとそうではありませんが、改善されたという声もあります。

プロにお願いするということはもちろんコストもかかります。
ご自身で行う手間を省くための方法の1つとして、こちらも検討してみてください。


上記でご紹介したほとんどのものが、最終的には通常通り洗濯をします。
したがって、できれば最後には【①日光に当てる】を行うことで、より高い消臭効果が期待できますね。

ぜひ参考にしてみてください。

柔軟剤を使わなくても衣類をふわふわな仕上がりにする方法♪

 (47723)

ここまでは柔軟剤を使った場合のご紹介でしたが、最後に「柔軟剤を使わなくても」衣類を良い仕上がりにする方法を2つご紹介します。

1、クエン酸
先ほどご紹介したクエン酸は、消臭効果+柔軟剤の代わりとして使うことができます。

柔軟剤代わりにすすぎのタイミングでクエン酸を入れます。
すると洗濯洗剤のアルカリ成分が中和され、ゴワつきが改善される=ふわふわの仕上がりに繋がります♪


もちろん柔軟剤のように衣類がコーティングされるということではないので、柔軟剤と比較をすれば柔軟性は劣ります。
しかしタオルなどの吸水性が落ちるということもありません。

クエン酸がない場合は、お酢でも同じ効果が得られます。

2、タオルは煮洗い+繊維を起こす
特にゴワゴワが気になるのは「タオル類」です。
そもそも汚れがこびりついていたりなどが原因でふわふわにならない場合には、煮洗いをしてみてください。

熱によって殺菌効果なども得られるほか、汚れがしっかりと落ちます。
種類によってはお湯での洗濯ができないものもありますので注意してください。

タオルのふわふわはパイルというタオル表面の細かな繊維の部分により感じられます。
パイルを守るためにも、ネットに入れて洗ったり、他の衣類と分けて柔軟剤を使わないようにするなどしてみてください。

また干すときのひと手間として、空気を含むように上下に振り形を整えてから干すとふわふわな仕上がりに繋がります。

下の記事では柔軟剤を使わない洗濯方法について詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください♪

まとめ

 (47724)

今回は柔軟剤の香りを消す方法をご紹介しました。
柔軟剤には使うことでのメリット・デメリットどちらもがあります。

まずはお好みの仕上がりにする方法を知るということが重要です!

こちらの記事では【柔軟剤の効果的で正しい使い方】をご紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください♪

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事