ヘアミストの効果

 (46361)

1.フレグランスの効果
ヘアミストといえば、「フレグランス効果」が定番ですよね。髪の毛にヘアミストを使うだけで、簡単に良い香りを再現できます。
香水よりもきつすぎずで、ふわっと良い香りです!

ヘアミストをフレグランス感覚で使いたい方は、自分好みの香りのヘアミストを探してみてはいかがでしょうか?

2. 紫外線予防の効果
「お出かけが多くて紫外線が心配!」という方は紫外線予防に使えるヘアミストがおすすめです。
日差しが強い日でも、紫外線予防の効果があるヘアミストを使うことで髪の毛を紫外線から守ることができます!

特に頭皮は日差しや紫外線予防を忘れがち…そんなときは紫外線予防に使えるヘアミストがおすすめですよ♡

3. スタイリングの効果
スタイリング効果があるヘアミストは、ヘアアイロンやコテを使う前にシュッとヘアミストを軽く使うだけで、1日中ヘアスタイルをキープしてくれます。

スタイリングにも使えるヘアミストが1本でもあるととっても便利ですね!

4.トリートメント効果があるもの
「髪の毛の水分が少なくてパサつく!」「コテを使いすぎて髪の毛が傷んでる!」という方はトリートメント効果があるヘアミストを使いましょう。

ヘアミストの中には、アルガンオイルやパンテノール配合などトリートメント効果があるものもあり、髪の毛に潤いを与えてくれます。

保湿効果のあるヘアミストを使えば、スタイル・香りだけでなく髪の毛を綺麗に保つことが可能に♡

ヘアミストを使うタイミング

 (46367)

ヘアミストというとヘアスタイリング・お出かけ前に使用する頻度が多いと思われがちです。

しかし、特に【朝につける】といった決まりがある訳ではありません。
日中に汗をかいたので地肌の匂いが気になるときや、香りが薄くなってきたときなどそのタイミングは自由◎

しかし、それ以外にもトリートメント効果やフレグランス効果のあるヘアミストなら就寝前や夜に着けることで、ふんわり香りに包まれながら髪をケアすることが出来るんです♪

ヘアミスト 基本の使い方

 (46368)

髪から離して3~6プッシュを目安に毛先中心に吹きかけます。
目に入らないよう注意してください。

ヘアミストはシャンプー後2日経った髪の毛であっても、ドライシャンプーを使用してからであれば使用出来ます!

お出かけ前・朝 ヘアミストの使い方

 (46369)

ヘアミストをスタリングで使用する場合は、アイロンやコテを使用する前に使うことが一般的です。

しかし、ヘアミストや香水などの香り成分は熱に弱く、飛んでしまうという弱点があります。
コテ・ヘアアイロンなどを使用すると香りが少し落ちてしまう場合があるので注意が必要です。

「ヘアミストの香りを1日中持続させたい!」という方はヘアアイロンやコテ使用後にも仕上げとしてヘアミストを使いましょう♡

就寝前・夜 ヘアミストの使い方

 (46370)

夜にヘアミストを使用する場合は、「流さないトリートメント」としてヘアケア目的で使用する場合が多いですよね。
そんなときは、ヘアミストとオイルを2重使いすると効果的です。

『ヘアミスト』を髪全体につけたあと、毛先を中心に『ヘアオイル』をなじませると
さらにまとまりのよい、つややかな髪に仕上がります。

ヘアミストの効果的な使い方

 (46371)

こちらではヘアミストの効果的な使用方法をご紹介します。

①髪の両側につける
②少量を数回つける


ことがコツです!
詳しく以下から解説します♪
 (46372)

①髪の両側につける
ヘアミストは香水に比べると優しく、ふんわりとした香りになります。
香り成分が髪の毛の表面のみにしかついていないため、香りがすぐに取れてしまう場合があります。

だからこそ、持続的に香らせるためには工夫が必要になります。
香り成分をしっかり髪に定着させるために、
ヘアミストを外側だけでなく髪の毛の内側にもしっかりと吹きかけましょう

内側と外側、両方にヘアミストを使うことで持続的に香りをキープすることが可能になります!

②少量を数回つける
ヘアミストをつけるときは、朝昼夕と3回に分けて少量ずつ使用するほうが香りが持続します。
一度に多く使用しても、香りが長時間持続することはありません。

なるべくヘアミストは持ち歩き、香りが感じられなくなったら使用しましょう

おすすめのヘアミスト3選

 (46374)

ここからはデパコス価格の物からプチプラ価格のものまで
カラリア編集部の厳選ヘアミストアイテムをご紹介いたします!

①イングリッシュペアー&フリージア【JOMALONE(ジョー マローン)】
②サボン ヘアミスト【SHIRO(シロ)】
③メイクミーハッピー フレグランスウォーター(グリーン)【CANMAKE TOKYO(キャンメイク トーキョー)】

①デパコスでも不動の人気♡ イングリッシュペアー&フリージア【JOMALONE(ジョー マローン)】

イングリッシュペアー&フリージア【JOMALONE】

イングリッシュペアー&フリージア【JOMALONE】

【ヘアミスト】

【香り】イングリッシュ ペアー & フリージア

熟した洋梨とフリージア
に、アンバーやパチョリ、ウッドで豊潤に仕上がったイングリッシュ ペアー & フリージアの香りはブランド人気No.1です。

毛先に軽くなじませて、香りも髪のツヤも楽しんでみてはいかがでしょうか♡
香水でしっかり香るのも良いですが、自然にふわっと髪からイングリッシュペア&フリージアの香りが広がる…♡

既にイングリッシュペアー&フリージア香水を持っている方でも、
食事会があるので香りを抑えたい時、さりげなく優しく香らせたい時などにヘアミストはおすすめです!

②メンズにもおすすめ男女で使用できる♡ サボン ヘアミスト【SHIRO(シロ)】

サボン ヘアミスト【SHIRO】

サボン ヘアミスト【SHIRO】


【ヘアミスト】

【香り】みずみずしいフルーツがかろやかに香る
透明感のある自然な石けんの香り。



トリートメント効果や保湿効果
のあるヘアミストをお探しの方にぴったりなのがこちら。

がごめ昆布ゆず果実エキスの保湿成分で乾燥やダメージのある髪をしっとりまとまりやすく仕上げてくれます♡

香りはみずみずしい甘さがありつつも、どこか清潔感のある自然な石けんの香りになっています。
一度試した方はご存知かもしれませんが、クセがない香りなの男女で使用でき好感度の高い香りです。
メンズにもおすすめのヘアミストです♪

③プチプラで機能性バツグン◎ メイクミーハッピー フレグランスウォーター(グリーン)【CANMAKE TOKYO(キャンメイク トーキョー)】

メイクミーハッピー フレグランスウォーター(グリーン)...

メイクミーハッピー フレグランスウォーター(グリーン)【CANMAKE TOKYO】

【ボディ・ヘアミスト】

【香り】花々と柑橘系フルーツの爽やかな香り
オレンジ、ベルガモット/リリー、ローズ、ジャスミン、ゼラニウム/アンバー、ムスク


こちらはプチプラブランドで有名なCANMAKE TOKYOのボディ・ヘア兼用ミストです。
ノンアルコールなので敏感肌の方でも比較的安心して使用できるかと思います♡

また、美容保湿成分が配合されており、コストパフォーマンスが高いです。
コンパクトなので持ち歩きも便利です。

ヘアミストでふんわり香らせましょう♪

 (46366)

こちらの記事ではヘアミストの使い方とおすすめのヘアミスト3つをご紹介いたしました!

ご紹介のヘアミストでは百貨店などで購入できるもの(デパコス)からお手軽なプチプラ価格のものまでご紹介いたしましたので香り成分など見つつ、ヘアケアもぜひ行ってみてくださいね!

ヘアミストは香水よりもアルガンオイルパンテノールなどのヘアケア成分が含まれており
ヘアケアグッズとしてもフレグランスグッズとしても使用することが出来ます♡

朝と夜での使い分けも意識してみるとうるおいや艶がでるかもしれませんね♪
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


以下の記事では、レディース・メンズのおすすめヘアミストを紹介しているので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事