シプレ系はどんな香り?

地中海と港町

シプレ系は香調(ノート)の1種です。シトラスノートやフルーティノートなどと同様の呼び方で「シプレノート」と呼ばれることも。

シプレ系の香水はフランスの香水商・フランソワ・コティが1917年に発表した「 le Chypre(ル・シープル)」という香水に由来します。「Chypre(シープル)」とは東地中海半島の沿岸にある「キプロス島」が語源となっている言葉です。

キプロス島の植物や地中海をイメージして作られたこの香水は、発売されるやいなや人気に火がつきはじめました。それではシプレ系の香りについてさらに詳しく見ていきましょう。

シプレ系はシトラス・フローラル・ウッディと移ろう香り

シプレ系の香りは、柑橘系の香りにフローラルや樹木系などを加えた香調です。トップからラストにかけて「シトラス」→「フローラル」→「ウッディ」という順に変化していきます。

トップノートにはベルガモットやユズなどの柑橘系が使われており、ミドルノートにはローズやジャスミンなどのフローラル系、ラストノートに来るのはアンバーやオークモスといったウッディ系です。

柑橘系の爽やかな香りとオークモスなどの深みのある樹木系の香りとが合わさった独特の香りともいえます。

シプレ系の香水として代表的なのは、ゲランの「ミツコ」やキャシャレルの「アナイス・アナイス」、カルバン・クラインの「CK-one」などの商品です。

シプレ系の香水はレディース向けが多い

シプレ系の香水は歴史的に見ても、「ミツコ」や「ミス・ディオール」などのように基本的にはレディース向けが多いとされています。

ただし近年はカルバン・クラインの「CK-one」のように性別を問わず使えるユニセックスな香水もあり、男性が使っても全く違和感はありません。

シプレ系の香水は「上品で端正な香り」といわれています。クラシカルで品があり、エレガントさも兼ね備えた香りです。フルーティシプレーやフローラルシプレーは甘さや華やかさもある分、女性に好まれることが多いといえるでしょう。

男性におすすめできるシプレ系香水としては「CK-one」のほかに、レザリーシプレの「アラミス」やウッディシプレの「ブルガリ マン ウッド エッセンス」、同じくウッディシプレの「グッチ プールオム」などが挙げられます。

シプレ系の代表的な香水 グッチ「ラッシュ オードトワレ」

シプレ系香水の中でも代表的なのが、1999年に発売されたグッチの「ラッシュ オードトワレ」です。残念ながら廃盤となりましたが「ラッシュ2」が発売されても今なお根強い人気がある香水です。(画像は「ラッシュ2」)

ジューシーなピーチやジャスミンが入った濃厚な香りで、ベチバーやバニラ、コリアンダーなども加わりオリエンタルフローラルに位置付けられる女性向けの香り。ミドルのフリージアの甘い上品さもセクシーさを引き立てます。

※「ラッシュ2」も現在は生産終了していますが、Amazonや楽天市場では今でも購入することができるため、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

シプレ系のおすすめ香水7選

シプレ系の香水はシトラス、フローラル系、ウッディ系というふうに変化する多様な香りが特徴で、品がありフォーマルな印象です。季節を問わず活躍する香りですよ!

次は「自分に一番合った香水を選びたいけどどれを選んだらいいか分からない」人や、「なりたい自分をアピールできる香水が欲しい」、「メンズ向けのシプレ系香水を探している」という人のために、シプレ系の中でも人気の香水を厳選して7つご紹介します。

ズーロジスト「ナイチンゲール」

「動物学者」の意味があるカナダの香水ブランド「ZOOLOGIST(ズーロジスト)」。2016年に「ナイチンゲール」というシプレ系香水を発売しました。日本人調香師・稲葉智夫氏の作品で、ズーロジストの中でも評価の高い香水です。

梅の甘酸っぱいフルーティで豊かな香りが特徴。シトラス系のトップノートからミドルはジャパニーズプラムブロッサムやローズ・スミレの芳醇な香りが主張し、ラストではパチョリやサンダルウッド、アンバーグリスの温かくも深みのある香りに変化します。

口コミでは「ひと吹きした瞬間から梅の花が広がり梅々しさが継続。梅の香りとずっと一緒にいられる(年齢性別不詳)」や「十指に入るお気に入り。シプレ調の香りが苦手な人は是非試して欲しい(男性)」などの感想が見られました。

ほかにも「往年の名香を思わせる美しいシトラススプラッシュ。トップの愛らしさは、何度つけても狂おしいほど(50代女性)」などの口コミが寄せられています。

ニコライ「オダリスク」

ゲランの血を引くフランスの女性調香師・パトリシア・ド・ニコライが1989年に発表した「オダリスク」。

トップにマンダリン・ベルガモット・ガルバナムのシトラスノートを使用し、ミドルはジャスミン・アイリスにスズランを配合した珍しい香調です。ラストはオークモス・パチョリ・ムスクへと変化し、華麗なワルツを奏でます!

フランスの画家アングルの名画「オダリスク」のように、肌から匂い立つ清楚で気高く甘美な香りです。

海外の口コミでは「シトラスとフローラルのバランスが取れていてムスクがアクセントを加える(男性)」「花のように温かみのある、よくブレンドされたミステリアスな傑作(女性)」のような評価が見られます。

ウナム「クアンド ラピータ イン エスタジ」

ウナムはイタリア発の香水ブランドで、2019年に発売されたフィリッポ・ソルチネッリの作品です。「クアンド ラピータ イン エスタジ」はマリアカラスが歌ったオペラの曲名で、その曲から着想を得たとされ、彼女の歌声もイメージされます。

多才で多くの肩書きを持つフィリッポ・ソルチネッリの手掛けたこの香水は、クセがありつつも爽やかさが特徴的。トップはシダーウッドやミュゲに始まり、ベチバーやモミなどのスモーキーな香りにピーチのフルーティさやバニラ、トンカ豆の甘さが加わる面白さが魅力です!

海外の口コミでは「アーティスティックでとても神秘的(女性)」「高品質のウールの新しいセーターを着た女の子を抱きしめているように感じる(男性)」などフェミニンなイメージ。

ゲラン「ミツコ」

第一次世界大戦が終結して間もない1919年(大正8年)に誕生し、ゲランの名香としてセレブリティを中心に根強い人気を持ち続けている「ミツコ」。日本人女性をモデルに作られた香水です。

トップノートには爽やかなシトラス系のベルガモットが香り、ミドルでは甘くて芳醇なピーチとフローラル調のジャスミン、オリエンタルなイランイランへ。ラストではウッディ調のオークモスやアンバー、ベチバーとスパイシーなシナモンの優しくも深みのある香りに変化します。

口コミでは「決して甘すぎず凛とした大人の女性の香り(50代女性)」「高級感があって濃厚。日本人女性が好きそうな落ち着きのある香り(30代女性)」「フルーティでセクシーだけど奥ゆかしさがある(20代女性)」などの声が見られました。

※オードパルファムとオードトワレがあります。

ブシュロン「ブシュロン プール オム」

1989年に発売された「ブシュロン プール オム」は、ブシュロン初の男性向けフレグランスです。品があって洗練された男性をイメージしたエレガントな香水は上質さを演出してくれます。

トップのベルガモットとレモンに似たバーベナのフレッシュな香りから、バジルとコリアンダーのハーブ系の持つスパイシーさと爽やかさへと変わり、エキゾチックなパチョリ・ベチバーと樹木系のサンダルウッドで締めます。

口コミでは「甘過ぎず程よい爽やかさが男女を問わず使える香調で好き(30代女性)」や「非常に上質な男を演出してくれる(30代男性)」「トップ→ミドル→ラストにかけては本当に上品にシトラス系の香りが奥深く香り(30代男性)」など男女問わず好評でした。

カルバンクライン「CK-one」

カルバンクライン「CK-one」

カルバンクライン「CK-one」

ニューヨークの人気ブランド・カルバン・クラインの「CK-one」は、1994年に発売された香水です。爽やかなシトラスノートでクセが少なく、男女問わず使いやすいユニセックスな香りが魅力的。クセがなく、多くの人から「いい香り」と受け入れられやすいでしょう。

付けてすぐはベルガモットやフレッシュパイナップルなどのシトラスフルーティな香りが広がります。少し経つとローズやジャスミンの清潔感のある上品さが漂いますが、男女共に使いやすく、ラストのアンバー・ムスクが清潔感のあるセクシーさを引き立てます。

口コミでは「ハンドクリームや柔軟剤の香りが苦手な私でも使えた(30代女性)」「女性よりは男性の方が合うと思う(30代男性)」「大学生の頃からずっと使っています(40代女性)」などの意見が見られました。

シプレ系とフゼア系の違いは?

ウッディ調のいくつかの小物と香水

シプレ系とフゼア系の香水は共通点も多いですが、どちらかといえばシプレ系が女性向け、フゼア系は男性向けの香りとされています。

どちらの香水も柑橘系のベルガモットやレモン、ラベンダーやパチョリ、オークモスなどが共通。ただしミドルノートに使用されている香料が、シプレ系とフゼア系とで大きく異なるのです。

シプレ系香水のミドルノートには、ローズやジャスミンなど女性に好まれるフローラルノートの香料が多用されています。トップノートに柑橘系、ミドルにフローラル系、ラストにウッディと、ストーリーが移り変わる香りです。

それに対してフゼア系香水のミドルノートには、ラベンダーやパチョリ・シナモンなど渋みや重みのある香料が用いられる事が多く、パリッと決めたスーツに似合うような香り。知的で「デキる大人の男」という印象が近いでしょう。

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事