フゼアとは?どんな香り?

シダ植物

フゼアとは香調(ノート)の1種で、シトラスノートやウッディノートなどと同様「フゼアノート」ともいわれたりします。

香水としては1882年にフランスの香水メーカーであるウビガンの「フジェール ロワイヤル」が始まりとされていますが、この香水は現在販売されていません。発売当時はフランス王室が愛用していたといわれています。

フゼア系の語源はフランス語で植物のシダを意味するFougere(フゼア)に由来しています。発売当時、貴族間ではシダ植物を育てることがブームで、香りのないシダを表現するとどうなるかという想像でできたものでしたが、そこから人気を博しました。それではフゼアの香りについてもっと詳しく掘り下げていきましょう。

フゼアはシダ植物をイメージした香り

フゼアはシダ植物をイメージした香りですが、実際にシダ植物を使っているわけではありません。フゼアの香水にはトップノートにラベンダーが用いられることが多く、クマリンという桜の葉の香りや、トンカ豆に含まれる天然香料、柑橘系のベルガモットなど複数の香料素材と組み合わせて作り出されます。

加えてフゼアやシプレなどの香水を作り出す上で欠かせない香料が「オークモス」です。オークモスは「ツノマタゴケ」というオークの枝につく苔で、ヨーロッパの湿気の多い森などに多く見られます。オークモスの香りは「土っぽい苔のようなウッディな香り」です。

フゼアにはラベンダーやオークモス、ベルガモット、クマリンなどを中心にブレンドされており、ハーブのような清潔感と渋みや青みで引き締まった男性向けの香調といえます。

ラベンダーやパチョリの香りに近い?

置かれた1束のラベンダー

嗅覚を研究する生物物理学者のルカ・トゥリン氏はフゼアの香りについて、「ラベンダーとパチョリの間の香り」と伝えています。

ラベンダーは「清潔感のあるすがすがしい香り」で、パチョリは「墨のような湿った土の匂い」と言われることが多いです。

そこにベルガモットなどの柑橘系や桜餅のようなクマリンの香りが加わるような感じで、オークモスとパチョリは似たような香調です。発売当初は、メンズのダークスーツによく合う香りということでヒットしたといわれています。

渋めのハーブや樹木・苔などやや重めのグリーンノート系に近い香りが、フゼアノートの特徴といえるでしょう。かといってマッチョな男性向けのイメージではなく、元々上流階級の男性が好んだこともあり、知的で渋い大人の男性向けの印象です。

フゼア系の香水はメンズ向けが多い

香水を吹きかける男性

フゼア系の香水は歴史的にはメンズ向けとして扱われ、現在も一般的にはメンズ向けが多いです。しかし近年では女性の愛用者も多く、男女兼用のユニセックスに当てはまるフゼア系香水も販売されています。性別を問わず使えるジャンルです。

渋めで落ち着いた香調はフォーマルな場面に適しており、女性がこの香りをまとう場合は「デキる女性」「カッコいい女性」といったキャリアウーマン風の印象を与えます。

フゼア系の香水はスーツでビシっと決めた時にピッタリの格好いい香りというところが男性向けなのかもしれません。

レザーのようでいて樹木系のような渋い重厚感とラベンダーなどのツンとした爽やかさは、ヘアトニックや理髪店の香りを彷彿とさせます。

おすすめのフゼア系香水5選

フゼアの香水はハーブ系やウッディ系・レザー、苔っぽい感じのやや重めの香りが特徴です。どちらかというと男性向けですが、性別問わず使えるのでユニセックスな香りともいえます。

「香水を買いたいけどどれが自分にピッタリ合うのか分からない」人や「女性でも違和感のないフゼアの香水を探している」という人のために、フゼアの中でも人気の香水を厳選して7つご紹介します。

ウビガン「フジェールロワイヤル」

フランスの香水メーカー・ウビガン社の「フジェールロワイヤル」は合成香料を初めて使用した事でも知られている香水で、19世紀後半に発売されました。

高貴でエレガントさが際立つ男性向けフレグランス!世界の王族や貴族の人気を博したという名香です。トップでベルガモットや地中海ハーブ、ラベンダーが香り、ミドルには甘めのロンデレティアとハーブ系のゼラニウムにローズの豊かな香りが加わります。

ラストはアンバー、オークモス、クマリンなど渋くて洗練された香りへとシフト!気になる口コミですが、高評価の声は「爽やかなベルガモットと芳醇なハーブでファッションを選ばず使いやすい(女性)」や「つけた瞬間いかにもメンズ香水ですが、徐々に甘さ、華やかさが出てラストは渋甘でおしゃれ(女性)」と女性人気も高め!

一方で低評価の口コミには「全く長く続かない(男性)」や「2〜3時間後には匂いが消えた(男性)」など持続性に関するものでした。概して男女とも良い口コミが多い印象です。

ニコライ「ニューヨーク」

ゲランの血を引く調香師・パトリシア・ド・ニコライ作の「ニューヨーク」は、眠らない街・ニューヨークの魅力をオリエンタルな特徴で伝えています!トップのベルガモットやレモンのシトラスが弾け、ミドルのブラックペッパーエッセンスがパチョリを引き立てるのが特徴です。

ラストは甘くて上品なオークモス・バニラ・ムスクの香料が漂い、男性がまとうとダンディな大人の男性を演出しますよ!

口コミで高評価の声は「春の移り変わりを感じさせてくれる香りでとても満足(男性)」や「1日中素晴らしく香る(女性)」、「イチジクのような香りで始まり、金木犀の香りに変わって5時間肌に残る(男性)」と絶賛!

低評価の口コミは「いい匂いだけどそんなに長くは嗅げない(男性)」や「重すぎず心地良いけど、3時間ぐらいしか続かない(性別不詳)」など持続性について述べられています。

ニシャネ「B-612」

トルコのニッチな高級香水ブランド・ニシャネの「B-612」は、「星の王子さま」の小惑星をイメージしたといわれるフゼア系のユニセックスな香水です。

ラベンダーとゼラニウムのハーバル系がトップで広がり、ミドルには爽やかさと甘さを持つシダーウッド・サンダルウッドとウッディ調ムスクのカシュメランが続きます。

そしてラストにはウッディ調のオークモスと桜餅のような柔らかさを持つトンカビーン、オリエンタルなムスクの奥深い香りがブレンド。

高評価の口コミは「トップノートからラストノートまで香りの持ちがよい(女性)」や「グリーンでフレッシュでスパイシーなバニラ。1日中続きます(女性)」など、持ちの良さが好評です。

低評価な口コミは「石鹸のようなココナッツアクセントが入った大量の甘いサンダルウッドが香り、すぐに粉っぽい香りになる(性別不詳)」や「もっとクリーミーでバニラの香りが欲しかった。フェミニンな着こなしに良さそう(性別不詳)」などが見られました。

ラルフローレン「ポロ ブルー スポーツ」

アメリカの上場ファッション会社・ラルフローレン社の「ポロ ブルー スポーツ」は、スポーツマンのために作られたといっても過言ではないほど、爽やかで清潔感あふれる印象を与える香水です。シトラスノートとグリーンノートが香ります。

アップルとマンダリンのシトラスフルーティにミントの爽快な香りがトップで弾け、ミドルには爽やかなジンジャー・セージとフレッシュでウッディなシダーリーフが続き、ラストはサンダルウッドやオークモス、ムスクなどオリエンタルウッディ。

高評価の口コミは「柑橘系の爽快さとフゼアの渋さ・重さが最初から来て、ウッディ系の香りがずっと残る(20代女性)」や「ラルフローレンの最高の香りのフレグランス(男性)」など。

低評価の口コミは「香りはいいのにパフォーマンスが悪い」といった香りの持ちについてのコメントでした。

ゲラン「ジッキー」

ゲランの調香師エメ・ゲランが留学先のイギリスで出会い、恋に落ちた女性の名前が付いた香水です。女性を惑わせ男性を虜にする「ジッキー」のイメージがブレンドされたスッキリめの香りが特徴といえます。

トップにはハーバルなラベンダーとローズマリーに、ベルガモットやレモンのフレッシュな香りが広がり、ミドルはジャスミン・ローズのフローラルにシフト。ラストのトンカビーン・バニラの甘い香りとウッドはユニセックスな印象を与えます。

口コミで高評価だったのは「最初はキリッとスパイシー。徐々にバニラの甘さとラベンダーが混ざってうっとりするような香りになる(30代女性)」や「オリエンタルだけど甘さはなくスパイシー、都会的でシャープ(20代女性)」などの声が。

低評価の口コミは「ゲランは年齢的に早いのかも(20代女性)」や「スパイシーさが鼻につく時があります(30代女性)」など、好みと合わなかった旨のコメントが見られました。

フゼア系に似ているかも?女性向けならシプレ系もおすすめ

香水を手首につける女性の手

フゼアノートと似た香調にシプレノートがあります。シプレ系香水は地中海をイメージして作られた香調です。

フゼア系の香水とシプレ系の香水は共通点が多いのですが、どちらかといえばフゼア系は男性向け、シプレ系が女性向けの香りと言われています。

フゼア系の香水とシプレ系の香水は使用する香料で共通するものが多く、柑橘系のベルガモットやレモン、ラベンダーやパチョリ、オークモスなどが使われているのが特徴。

大きく違うのはミドルノートに使用する香料です。

フゼア系香水はラベンダーやパチョリ・シナモン・セダーウッドなど渋みや重みのある香料が使用されていることが多く、パリッと決めたスーツに似合うような香りです。

それに対し、シプレ系香水はローズやジャスミンなど女性に好まれるフローラルノートの香料が多用され、トップノートに柑橘系、ミドルにフローラル系、ラストにウッディと、ストーリーが移り変わっていきます。女性にはシプレ系もおすすめですよ。

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事