フランキンセンスとは?どんな香り?

木のスプーンに入ったフランキンセンス

まずは、そもそもフランキンセンスとは何か、どのような香りがしてどのようなシーンに合うのかを紹介します。自分好みの香りかどうかチェックしてみてください。

フランキンセンスとは?

フランキンセンスとは、おもに中東・東アフリカ・インドなどに自生するカンラン科ボスウェリア属の木から採取される樹脂のことです。

木の表面に切り込みを入れ、切り込みから分泌された樹液が1〜2週間かけて固まったものを香料として使用します。

固まった樹液は乳白色の色味を帯びているため「乳香(にゅうこう)」とも呼ばれており、世界最古のお香のひとつとして、古くより多くの人々を魅了してきました。

フランキンセンスの木は数種類あり、一般的にフランキンセンスの木といえば「ボスウェリア・カルテリイ」を指します。

しかしながら数種類あるフランキンセンスの木の中で、とくに上質で高級品とされるのは「ボスウェリア・サクラ」です。

どちらも似た香りではありますが、ボスウェリア・サクラはより奥深く芳醇な香りで、バランスも優れています。

フランキンセンスはどんな香り?

フランキンセンスの香りは、深い落ち着きを感じる濃厚さがありながらも気分がすっきりとする、不思議で個性的な香りがします。

「お寺の香り」「お香の香り」とも表現されることも多く、上品さや高貴な印象も感じられるため、クラシカルな雰囲気を演出させたいときにもぴったりの香りです。

おもな特徴は以下のとおり。
・スモーキーでスパイシー
・強さや気品を感じる個性的な香り
・奥深い香り
・ほのかにレモンのような柑橘系を感じる香り
このような特徴から、フランキンセンスの香りは落ち着いたシーンで使用されることが多いです。昔からヨガの瞑想(めいそう)の儀式に使われたり、「におい袋」に使われたりしてきました。

フランキンセンスは冬に似合う香水

フランキンセンスは寒い冬によく似合う香りです。冬は「甘め」「重め」の香りの香水が似合う季節と言われ、重厚感のあるフランキンセンスの香りは冬の風情によく馴染みます。

あたたかさや気品も感じさせるフランキンセンスの香りは冬のイメージとマッチし、雰囲気を格上げしてくれるのです。

冬は空気や肌も乾燥しがちで香水の香りが飛びやすい季節ですが、重厚感があるフランキンセンスの香りは比較的長続きし、冬でも長く楽しめます。

ルームフレグランスにフランキンセンスの香りをチョイスすれば、お部屋がほっと落ち着く空間に。冬の寒さが厳しい時期も、フランキンセンスの香りがあなたを包み込んであたたかみを感じさせてくれるでしょう。

フランキンセンスの香りが楽しめるおすすめアイテム3選

フランキンセンスの香りが楽しめる「ルームフレグランス」と「お香」、そして「アロマチャーム」を使って香りを楽しむ方法を紹介していきます。3つとも普段の生活に取り入れやすいアイテムなので、ぜひ気軽にフランキンセンスの香りを試してみてください。

1.ニールズヤード「リードディフューザーバランシング」

種類別名称…雑品

ニールスヤード(NEAL'S YARD REMEDIES)は、英国発のオーガニックビューティーブランド。ルームフレグランスやアロマオイルなど、香りを楽しめるアイテムのラインナップが豊富です。

ニールズヤードの「リードフレグランスディフューザーバランシング」は、フランキンセンス、ハーブ、シトラスなどがバランスよく配合されたルームフレグランス。

フランキンセンスの奥深さ、ハーブの爽快さ、果実のフルーティーさが組み合わさって、あらゆるシーンにフィットするのが特徴的です。こだわり抜かれたピュアな香りでお部屋が心安らぐ空間になります。

2.天年堂「天の香り【乳香-フランキンセンス-】」

種類別名称…雑品

天年堂は、創業400年の歴史あるお香の老舗。湿度や気温を見極めた職人技で、ひとつひとつの製品が丁寧に作られています。

天年堂で作られる「天の香り【乳香-フランキンセンス-】」は、フランキンセンス本来の酸味を帯びた、ピュアで上品な香りを感じられるのが特徴的です。

お香なので火をつけてから時間が経つにつれ、香りの深みが増す過程を味わえるのも楽しみのひとつ。

ゆらりと立ち上る煙の様子には和の風情があり、フランキンセンスの香りと相まって、よりいっそう心落ち着く空間を演出してくれます。

3.精油×アロマチャーム

種類別名称…雑品

精油×アロマチャームの組み合わせは、お値段もリーズナブルで気軽に香りを楽しめるアイテム。

アロマチャームにフランキンセンスの精油を2、3滴垂らすだけで使用可能です。精油を垂らした瞬間からフランキンセンスの香りが優しく香ります。

2、3滴では物足りない場合や、時間の経過とともに香りが弱くなったと感じたら、数滴ずつ追加しましょう。

ニールズヤードのアロマチャームは精油のしみこみが早いので、液だれの心配が少ないのも嬉しいポイントです。

サイズが小さく優しく香るため、デスクやベッド脇などに置いたり、車やクローゼットなどにストラップをかけたりして使用するのがおすすめ。

フランキンセンスと相性のいい香りは?

いくつかの香水瓶

主にフランキンセンスと相性がいいとされている香りは次の2つです。

・ネロリなどのフローラル系
・サンダルウッド(白檀)などのオリエンタル系

フランキンセンス単体でも魅力的な香りですが、相性のいい香りと合わせることで、さらに自分好みの香りに近づけることができます。

自由に組み合わせてお気に入りのブレンドを楽しんだり、フレグランスの配合をチェックして香りを選んだりしてみてください。

ネロリなどのフローラル系

フローラル系の香りはその名の通り、花のような甘く優しく、上品な香りが特徴です。なかでもネロリは、フランキンセンスとの相性がいいと言われています。

トップ〜ミドルノートのネロリと、ミドル〜ベースノートであるフランキンセンスは、香りの重さの組み立てから見ても相性がよく、香りの強さも似ているため合いやすいようです。

ネロリの香りは落ち着きを感じる印象だけでなく、柑橘系のさわやかさも持ち合わせています。そのため気分転換をしたいときにぴったりな、華やかな一面を見せる香りになるでしょう。

また樹脂系であるフランキンセンスとフローラル系の香りは、香りのグループとしても相性ばっちり。合わせることで香りが引き締まり、輪郭がはっきりします。

サンダルウッド(白檀)などのオリエンタル系

オリエンタル系の香りは、色気やスパイシーさを感じる重厚感のある香りが特徴です。

オリエンタル系の中でもサンダルウッド(白檀/ビャクダン)は、エキゾチックかつウッディーな香りで、フランキンセンスと同様にヨガの瞑想などにも使用されています。

さらに「気品がある」「クラシカル」などと表現されるなど、フランキンセンスと共通点が多く、サンダルウッドとフランキンセンスの相性は抜群なようです。

ウッディな印象が強いサンダルウッドと、さわやかさや温かみを感じるフランキンセンスをブレンドすると深みが増し、さわやかな森の中を連想させる香りになります。

サンダルウッドとフランキンセンス、どちらもミドル〜ベースノートであり、香りが長持ちしやすいのも特徴です。

【豆知識】フランキンセンスは聖書にも登場する

古来よりフランキンセンスはキリスト教圏を中心に親しまれており、聖書にも登場しています。

聖書によると、3人の賢者は生まれたばかりのイエス・キリストへ3つの贈り物をささげました。その贈り物の1つにフランキンセンスが含まれていたそうです。

当時のフランキンセンスは黄金と並ぶほど貴重なものであり、人々はフランキンセンスを焚いた香りを神にささげていたといいます。

現在もキリスト教の式典では、お清めとしてフランキンセンスが焚かれており、今もなお神聖な香りとして扱われています。

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事