ルームフレグランスの種類をご紹介!メリットも♡

 (50708)

いい香りで部屋を包んでくれるルームフレグランスにはたくさんの種類があります。
いざ買うとなるとどれを買えばいいのかわからないと悩んでしまう場合も・・・

そこでルームフレグランスをタイプ別にご紹介します。
使うといい理由もあわせてご紹介!

目的にあったアイテム選びにお役立てくださいね♪

リードディフューザー(スティックタイプ)

 (50709)

[特徴]
リードディフューザーはガラスのボトルに入ったフレグランスオイルを、スティック(リード)で吸い上げて香りを広げるアイテムです。
高級ブランドのものからコスパの良いものまで香り・デザインともに豊富に取り揃えられていて、選ぶのに困ってしまうほど。

[メリット]
長時間アロマの香りを楽しむことができます。
手軽に楽しめること、見た目がおしゃれなことが人気の理由です。
お手入れがいらないので初心者の方にもおすすめです。

ルームスプレー

 (50710)

 [特徴]
ルームスプレーといえばルームフレグランスの中でも代表的なアイテムです。
スプレー状のボトルでミストのように香りを部屋に拡散します。

種類が豊富なのでお好みの香りを見つけやすいですね。

[メリット]
芳香剤としてだけではなく、除菌や消臭などの効果のものも人気があります。
熱や火を使うこともなく、気軽に様々なシーンで使えるのでどの世代の方にも愛されるルームフレグランスです。

アロマディフューザー

 (50717)

[特徴]
アロマディフューザーはアロマオイルを含んだ水を蒸気にして室内に拡散させる器具です。
香りを広めるだけではなく加湿効果があるので、季節や目的に合わせてアロマを使い分けられます。

小さなものから大型のものまで樹類があるためインテリアにあったディフューザーを探してみてくださいね。

[メリット]
こちらも熱や火をつかうことがないので安心して使えます。
ガラスボトルにセットするだけで、2〜3ヶ月という長い期間香りを楽しめるアイテムです。

香りとインテリアのどちらも想いを叶えてくれますね。

アロマキャンドル

 (50711)

[特徴]
アロマキャンドルに火を灯すと部屋の中の嫌な匂いを取りさり、アロマの柔らかなあまい香りを漂わせてくれます。

消臭剤がなくてもアロマキャンドルさえあれば、部屋を良い香りに保つことができるというわけです。
ただし火を使うため使用には注意が必要ですね。

[メリット]
消臭剤と芳香剤の役目を果たしてくれるアロマキャンドル。
アロマの香り・炎のゆらぎに癒やされながら過ごす時間はリラックス効果を高めてくれます。

さまざまな形状のアロマキャンドルがあるので選ぶのも楽しいです。

ルームフレグランスの代表的なアイテムをご紹介しました。
それでは中でも人気の【リードディフューザー】【ルームスプレー】の使い方を詳しく解説していきます。

【ディフューザー・ルームスプレー】のオススメの使い方

 (50712)

家で過ごす時間も増えたこの頃・・・好きな香りに囲まれて過ごせるようにルームフレグランスの正しい使い方を覚えてみませんか?

「できれば長く香りを楽しみたい」そんなあなたにルームフレグラスのオススメの使い方をお伝えします。
ルームフレグランスの中でも人気のアイテム【ディフューザー・ルームスプレー】の使い方を紹介していきますね。

香りを楽しむ毎日におぜひ役立てください。

【リードディフューザー】のオススメの使い方

 (50713)

リードディフューザーは使い方はとても簡単です。

□基本の使い方
お好みのアロマオイルが入っているガラスのボトルに付属されているリードを挿して、好きな場所に置くだけでです。
火や水や電気を使ったり、オイルを補充したりする必要もありません。

□選ぶポイントを教えて


・気軽に楽しめる好みの香りから選ぶ
・置く場所に合わせて香りを選ぶ
・部屋のインテリアに合わせてボトルを選ぶ

長く使いたい方には詰替え用のある商品を選ぶのも賢い選び方です

□長く香りをもたせたい場合のポイント

ボトルに挿すスティックの本数によって香りの強さが調整できるのをご存知でしょうか。

購入時は比較的香りが強めです。
パッケージの中のスティックすべてを挿さなくても大丈夫なんです。
挿す本数が多いほど香りが強くなるので、挿す本数によって香りの強弱をコントロールすることができます。

狭い空間に置くならボトルは小さめのものがおすすめです。
口の細くなったボトルの方が香りの持ちがいいですし、倒れたときにも比較的安心と言えますね。

□使用中のポイント

香りが弱くなったと感じたらリードを反対に返すと香りが拡がります。
使っているうちにアロマオイルがドロッとしてくるようなら無水エタノールを少し足しましょう。

□使用中に注意したいこと

ガラスボトルは蓋が開いている状態で使いますので、不安定な場所などに置かないようにしてください。
小さなお子様やペットの手の届かないところに置くようにしましょう。

スティックを買い足す?買い換える?ときにはラタンか葦を選びましょう。
ラタンや葦のスティックは香りが広がりやすいのでオススメですよ。。

リードディフューザーは香りのアイテムとして人気です。
ハイブランドの商品からプチプラ商品まで多種多様。
香りにこだわって最高の一点を探すのもいいですし、おしゃれなガラスボトルにこだわるのも楽しいですね。

【ルームスプレー】のオススメの使い方

 (50714)

香りが欲しいと思ったときにシュッと吹きかけるだけのルームスプレー
吹きかけるだけでフワッと香りが拡がるので一部屋に一本あるととても便利ですよね。

□使うときってどんなとき?

・食事の匂いがこもっていると思うとき
・掃除終わりの仕上げに
・リフレッシュしたいとき
・来客前の空気の清浄
・睡眠の導入に

このように空気を変えるイメージでいつでも気軽に使うことができます。

□スプレーってどのくらいプッシュすればいいの?

お部屋の広さやルームスプレーの香りの強さにもよりますが、おおよその目安は3歩に1プッシュくらいがオススメ。
このとき、斜め上に向かってプッシュ​しましょう。
スプレーの香りがまんべんなくお部屋に拡がりやすくなりますよ。

□選ぶポイントを教えて

消臭目的の場合には、スプレーボトルのラベルに消臭効果についての記載や成分を確認しましょう。
手に取りやすいプチプラアイテムからハイブランドアイテムまでたくさんのルームスプレーが販売されています。
使う部屋で変えるのもよし、使うタイミングによって使い分けるのも楽しい使い方です。

□使うときの注意点

お客様が来る前に消臭したい、いい香りにしたい、そのようなときには予定時間の5分から10分前にルームスプレーを使用するとお客様が到着するころ香りが落ち着くのです。
お試しくださいね。

またソファーやクッション、カーテンなど布地に吹き付けたいこともありますよね。
その際には、シミにならないように気をつけましょう。
同じ箇所に何度もプッシュしないように!
ルームスプレーに記載されている成分や注意項目を確認してからお使いください。

ルームスプレーはプチプラアイテムから憧れのブランドまで商品の取り揃えが多数あります。
香りの好みや使う空間によって複数本揃えておくとリフレッシュできて楽しいですよ。

ルームフレグランスでお部屋をいい香りに♡

 (50715)

香り選びのポイントは、好みの香りだけではなくどのような目的で空間の雰囲気を変えたいのかに意識することです。

玄関や洗面台、リビングや寝室など使う場所によってふさわしい香りは異なりますよね。

たとえば玄関に甘い香りを選ぶと、重たいイメージになってしまいます。
爽やか系のミントやフルーティの香りを漂わせるとリフレッシュできるのです。

寝室には王道のラベンダーやウッディ系でリラックスできる香りがオススメです。

このように使いたい場所や目的によって、ルームフレグランスのアイテムや香りを選ぶようにしてください。

今回はルームフレグランスの特徴と【リードディフューザー・ルームスプレー】の使い方をご紹介しました。

気軽に楽しめるので、ぜひ今日からルームフレグランスを暮らしに取り入れて、いい香りのする部屋を楽しんでいただきたいです。
以下の記事ではおすすめルームフレグランスや、人気ブランドAesop(イソップ)のルームフレグランスをご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事