沈香(じんこう)とは?どんな香り?

 (63461)

まずは基礎知識として「沈香(じんこう)」とは一体何なのか、どんな香りがするかを見ていきましょう。

そもそも沈香(じんこう)とは?

沈香(じんこう)はおもに東南アジア諸国の熱帯地域で生育する「沈丁花(ジンチョウゲ)科アキラリア属」に属する木がもとになっている香木です。

木に何らかの外的要因により傷が生じると、傷を修復するために樹液が分泌され、やがて樹脂に変化します。その樹脂の成分が長い時間をかけて変質し、特有の香りを放つようになったものが沈香です。

その蓄積された樹脂からなる香りの成分によって、普通の木よりも重くなり、水に沈むのが特徴です。その特徴から「沈水香木」と呼ばれ、「沈香」の名前の由来となっています。

沈香の元となる木が育つまでに約20年、沈香となるまでには50年かかるとされ、さらに高品質な沈香となるには、100~150年以上の月日がかかると言われています。

また沈香が生まれる仕組みは明確には判明していないため、人工的に生み出すことが難しい香りとも言われていることからも、沈香はお香の原料の中でも特に貴重な原料の1つです。

沈香の産地は、ベトナムやタイ、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、ラオス、インドネシアなど幅広く、それぞれの産地によって沈香の香りも異なります。

沈香はどんな香り?

沈香は産地や元木の種類によって少しずつ香りが異なりますが、基本的には「甘い」「酸味」「辛み」「苦み」「塩辛み」といった味が複雑に絡み合った香りと表現されます。

たとえばインドシナ半島産の沈香は甘めの香り、インドネシア、ボルネオ島産の沈香は、酸味を含んだ辛みのある香りが特徴です。ひと言で「~~の香り」とは言い表せないのも、長い時間をかけて作られる沈香の香りの魅力と言えるでしょう。

一部の上質な沈香を除けば、常温の沈香から香りを感じることは少なく、150度以上で加熱することでその奥深い香りがより広がりやすくなるのが特徴です。

紫外線に強く常温でも香りが揮発することが少ないため、長時間の保管に向いている香木でもあります。

伽羅(きゃら)や白檀(びゃくだん)との関係は?

 (63462)

沈香と同じくお香の原料として人気が高い香木に、「伽羅(きゃら)」「白檀(びゃくだん)」があります。ここからは、この2つの香木の特徴や香りについて知るとともに、沈香とはどんな関係があるのか見ていきましょう。

伽羅(きゃら)とは?

伽羅(きゃら)とは、沈香の中でも特に品質が高く、「最上級」であると認められた香木を指します。沈香の産地であるベトナムの、さらに限られた地域のみでしか産出されず、かつその量は極少量なのが特徴です。

常温では香りにくい沈香とは異なり、伽羅は常温でも清々しい香りを発し、加熱することで深く濃厚な香りを楽しめるとされています。

伽羅の香りは、沈香の香りを表現する時に使われる「甘い」「酸味」「辛み」「苦み」「塩辛み」の全てを満たしているとされ、「五味に通じる香り」と表現される香りです。

伽羅は人気の高さとその希少価値の高さから年々価格が高騰しており、入手が難しい原料のひとつです

白檀(びゃくだん)と沈香の違いは?

白檀(びゃくだん)とは、おもにインドを中心に栽培されている香木のことです。白檀の香りは甘味のあるウッディ調が特徴の落ち着いた香りが特徴で、多くの人は「お線香の香り」として親しんだことがある香りと言えます。

沈香との違いは、「元となる木」と「香り方」にあります。白檀はビャクダン科ビャクダン属が原木であり、この木は幹の部分から白檀独特の香りを発しているのが特徴です。

一方の沈香は原木には香りがなく、香りは原木に発生した樹脂が元になった成分から発せられます。また白檀は加熱しなくても香りを放つのに対し、沈香は加熱することでその香りを楽しむことができる点も、両者の違いと言えるでしょう。

ちなみに香水の原料となる「サンダルウッド」の香りは、白檀と同じ香りです。

沈香の香りが楽しめるお香10選

ここからは「沈香の香りが楽しめるお香」の中から、とくにおすすめの10点を紹介します。沈香の香りを試してみたい方や、お香に興味を持っている方は、ぜひお香選びの参考にしてみてください。

1.日本香堂「かゆらぎ 沈香」

日本香堂の「かゆらぎ 沈香」は、日本人が長年親しんできた「和花」の香りをイメージして作られた「かゆらぎシリーズ」のうちの1つです。

自然界に存在する香りが心地よく広がるように作られたこのお香は、燃焼することで沈香の洗練された深みのある香りを楽しめます。

お香1本につき約25分沈香の香りが広がるため、ゆったりと癒されるリラックスタイムのお供にぴったりです。

2.日本香堂「かゆらぎ 沈香 名刺香」


同じく日本香堂のかゆらぎシリーズのアイテムである「かゆらぎ 沈香 名刺香」は、沈香の香りが楽しめる小さな匂い袋タイプのお香です。

名刺香の特徴は、その名の通り名刺入れやポーチ、お財布に入るサイズのお香であること、そして加熱をしなくても香りを楽しめること。

普段使いしているポーチやお財布に忍ばせることでほのかな香りを楽しめます。また名刺に香りを移すことで、名刺を渡す相手に良い香りの印象を与えられるためおすすめです。

3.りらく「お香りらく 沈香」


りらく「お香りらく 沈香」は、日本の豊かな四季で育った花や木、果実の香りを集めたお香シリーズのうちの1つ。

和菓子のように色彩豊かで可愛らしい小箱のパッケージと、コルクでフタをしたガラス瓶の中に使いやすい短めサイズのお香が入っています。

使用する環境によっても異なりますが、燃焼時間は約12~15分と短く、ちょっとした気分転換やリフレッシュしたい隙間時間に最適です。

日本の古き良き伝統を感じさせるようなゆったりと深みのある沈香の香りは、熟練の調香師によって選び抜かれた高品質の原料を使用しています。

4. 尚林堂「沈香和響 超ミニ寸」

尚林堂「沈香和響 超ミニ寸」は、その名の通り1本6㎝とミニサイズのため、小さめの大きさのお香立てや香炉で使用するのにぴったり。

また通常サイズよりもお値段が手頃、かつ燃焼時間も14分ほどと短いため、沈香の香りをお試しで嗅いでみたいという方にもおすすめです。

沈香和響はインドシナ半島産の希少な「シャム沈香」をベースに、白檀や丁字、桂皮といった多種多様な天然香料を厳選して調合しています。

シャム沈香とほかの原料が絡み合い、清澄優雅な香りが楽しめます。自身で使用するのはもちろん、ご進物用や贈答用としてもおすすめです。

5. 小松マテーレ「g-cube 沈香」

小松マテーレ「g-cube 沈香」は、火を使わずに沈香の香りが楽しめるのが魅力のお香。

使用するには別売りの香箱を用意する必要がありますが、香りが2~3ヶ月持続します。(効果の持続期間は季節や使用環境によって変わる場合があります)

香りを嗅ぐとき以外は香箱のフタを閉めておくだけで収納完了。火を使わないため手入れの必要も少なく安全かつ快適に沈香の香りを楽しめます。

沈香の香りは気になるけれど火を使うお香は不安な方、手軽に香りを楽しみたい方にぴったりのアイテムです

6. 高野山大師堂「高野山の極上塗香」

高野山大師堂「高野山の極上塗香」は、「塗香」と呼ばれる肌に直接付ける粉末状のお香です。

こちらの塗香は香りを楽しむだけのお香ではなく、行者用に身を清めるために作られたもの。そのため、沈香のお香の中でも上級者向けのアイテムと言えるでしょう。

沈香をはじめ、最上質の白檀、鬱金、龍脳といった天然香料のみが用いられ、高野山にて古来の経典に基づき細心の注意をもって調合・製造されています。

香り自体はまろやかで、ゆったりと心がやすらぐような落ち着いた印象。通常のお香とはひと味違う沈香のお香に挑戦したい方におすすめです。

7. カメヤマ「沈香 煙少香」

カメヤマ「沈香 煙少香」は、高級感漂う桐箱に入ったお香(お線香)です。燃焼時間は気温や気候、使用状況によって変わりますが目安として25分ほど。発煙量が少ないので煙が苦手な方でも安心して使用できます。

最高峰の天然香木である沈香を配合しており、火を付けると沈香の自然かつ高貴な優雅さを感じる香りがふわりと柔らかく広がります。

桐箱入りのため、自分で使用するためはもちろん、贈答用としてもぴったりのアイテムです。

8. みのり苑「風韻 沈香」

みのり苑「風韻 沈香」は、天然木のみを使用した「風韻シリーズ」のうちの1つ。燃焼時間は約30分ほどです。

お線香として仏事に使用するだけでなく、来客時に焚き、さりげなくおもてなしをするためのお香としても使用できます。

「風韻 沈香」の香りは「上品さ」が特徴。強く香りすぎるのではなく、どことなく漂ってくるようなふんわりと素朴でほのかな香りを楽しむことができるでしょう。

沈香の香りを初めて嗅ぐという方や、柔らかい香りが好きな方におすすめです。

9. 鳩居堂「鳩居堂のお香 香木の香り 沈香」

鳩居堂のお香 香木の香り 沈香
「鳩居堂のお香 香木の香り 沈香」は、6㎝サイズ20本入りの手頃サイズのお香。「鳩居堂」は日本の伝統文化を代表する薫香や和紙製品を販売しています。パッケージは、シンプルながらオリジナリティのあるデザインとなっています。

お香の香りは、小柄ながら高品質な沈香の上品かつ気品高い香りがしっかりと楽しめます。

価格もお手頃で手に取りやすいため、初めて沈香のお香に挑戦する方や、ミニサイズのお香を求めている方におすすめのアイテムです。

10. 初玉堂「初玉堂のお線香 沈香陽成」

初玉堂「初玉堂のお線香 沈香陽成」は、幾種類もの沈香をふんだんに配合し、加えてインド産の白檀や貝香、桂皮といった漢方薬を調合して作り上げた逸品です。

分類としてはお線香にあたりますが、調香製法はお香と変わらないため、仏事や仕事以外でもお香としてリラックスタイムやリフレッシュタイムのお供にもピッタリ。

沈香陽成の香りは濃厚なのが特徴で、焚き終わったあとの残り香もしっかり香り、香木特有の落ち着きのある香りを存分に味わえます。沈香の香りが好きな方の中でも、特にしっかり香りを感じたい方におすすめの商品です。

まとめ

 (63463)


今回は、「沈香」の概要や香りの特徴、同じ香木である伽羅や白檀との違い、沈香の香りが楽しめるお香のおすすめ10選を紹介しました。

沈香は東南アジアの熱帯地域で育つ木が元となり、木についた傷を修復する際に分泌された樹液が樹脂となり、樹脂がさまざまな要因から変質し香りを放つようになったものを指します。沈香の香りは一言では言い表せない独特な深みのある香りが特徴で、お香の原料の中でも貴重な原料の一つです。

沈香の香りは、お香やお線香など幅広いアイテムで楽しむことができ、ブランドや原料、製造方法の違いによって香りが少しずつ異なります。沈香の香りを試してみたい!と考えている方は、ぜひ今回紹介したおすすめのお香10選も参考に、自身にぴったりの沈香の香りを見つけてみてくださいね。

香水好きのあなたには「カラリア 香りの定期便」がおすすめ

 (60386)

香りで生活を彩りませんか?

カラリア 香りの定期便は、

4mlで届くから余る心配なし
専用アトマイザーケース付きで持ち運びかんたん
月々1,980円〜約1,000種類のラインナップから選べる
香水診断コンシェルジュサービスであなたにぴったりの香りが見つかる
香水以外の香り商品の取り扱いも!

という香り好きにぴったりのサブスクリプションサービスです。

カラリアマガジンで取り上げている香りの多くも「カラリア 香りの定期便」でお試しできます♪

監修: カラリア編集部

Instagramでフォロワー数15万人の香りに特化した情報をお届けしているアカウント「カラリアマガジン」を運営。
当メディアの記事はInstagramのフォロワー様に答えていただいたアンケート結果や口コミ、カラリア 香りの定期便でのランキングや口コミなどのデータをもとに作成しております。

注意事項

※ 掲載されている情報は記事執筆時点のものです。最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

※ 掲載商品はこちらで紹介した効果・効能を保証したものではありません。ご購入の際は、各商品の公式サイト等をご確認ください。

※ 入浴剤にダイエットやデトックス効果が認められている商品はありません。

※ 「美白」は、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐことを指します。

※ 「日焼け防止」とはメラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

※ 「エイジングケア」とは、老化防止のことではなく年齢に応じたケアのことで、年齢を重ねた肌にうるおいを与えることを指します。(ボディクリーム等の記事に導入)

※ 「エイジングケア」とは、若返りを意味するものではなく、頭皮や髪を清潔に保ち、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えることを指します。(シャンプー等の記事に導入)

※ 「浸透」とは、角質層への浸透を指します。

※ 「髪への浸透」とは、角化した毛髪部分の範囲内への浸透を指します。

※ 「アレルギーテスト済み」は、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。

※ 「パッチテスト済み」は、すべての人に皮膚刺激が発生しないということではありません。

※ 「スティンギングテスト済み」は、すべての人に皮膚トラブルがおこらないということではありません。

※ 「ノンコメドジェニックテスト済み」は、すべての人にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

※ 「ボリュームアップ」とは毛髪にハリやコシを与え、ボリューム感を与えたように見せることを指します。

※ 「ベタつき防止・ケア」とは、洗髪後に頭皮を健やかに保つことを指します。

※ 「育毛」は、頭皮や毛髪を清潔にすることで毛髪がすこやかに保たれることを指します。

※ 「毛髪の補修」とは物理的に損傷を補い繕うことであり、治療的な回復のことではありません。

※ 「小じわの改善」とはうるおいにより乾燥による小ジワを目立たなくすることを指します。

※ 「ピーリング」とは洗浄、拭き取り行為などによる物理的効果によるものを指します。

※ 「くすみ」とはメーキャップ効果によるものを指します。

※ 化粧品に疲労回復効果はありません。

※ 使用者の感想は商品の効能効果を保証するものではありません。

※ 化粧品に「治癒、回復、改善」の効果はありません。

※ ニキビケア商品のうち、ニキビを治す効果が認められているのは医薬品のみで、化粧品・医薬部外品にはニキビを治す効果が認められていません。

この記事を見た方におすすめの記事